(HPFPC) مپ®è؟‘ه¹´مپ®و´»ه‹•مپ«مپ¤مپ„مپ¦ - XcalableMP WebSite 2018-11-02آ  Fortran مپ«OO مپŒه؟…è¦پمپ‹هگ¦مپ‹مپ¯و„ڈ見مپŒه‰²م‚Œمپںم€‚

  • View
    0

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of (HPFPC) مپ®è؟‘ه¹´مپ®و´»ه‹•مپ«مپ¤مپ„مپ¦ - XcalableMP WebSite...

  • 2018/11/01

    富士通 岩下英俊

    高性能Fortran推進協議会 (HPFPC)の近年の活動について

    Copyright (c) 2018 HPFPC and FUJITSU LIMITED

  • 内容

    旧HPFPCの活動と成果

    2015年 新体制立上げ

    2016年、2017年 迷いながら

    2018年、2019年 今と今後

    まとめ

    Copyright (c) 2018 HPFPC and FUJITSU LIMITED1

  • HPF推進協議会(旧体制)

     2001年発足。任意団体 旧称: HPF(High Performance Fortran)推進協議会

     HPF/JA言語仕様を作成したHPF合同検討会の後継

     HPF言語の普及を目指した。 活動ピークは最初の7~8年

    Copyright (c) 2018 HPFPC and FUJITSU LIMITED

    受賞・成果

    • 2002年ゴードンベル章

    • 14.9 Tflops Three- dimensional Fluid Simulation for Fusion Science with HPF on the Earth Simulator 坂上 仁志, 村井 均, 妹 尾 義樹, 横川 三津夫

    • 地球シミュレータ共同プ ロジェクト

    • 「並列処理言語 HPF(High Performance Fortran) を用いた大規模並列実 行の性能検証および 新規機能の検討」

    シンポジウム

    • ”HPF international Workshop: Experiences and Progress” (HiWEP) 主催

    • HiWEP2002 (2002年5月16日)

    • HiWEP2005 (2005年11月7日)

    • 「三好甫先生記念計算科 学シンポジウム」 共催 (2011年9月10日)

    講習会・ワークショップ

    • HPF講習会 (シミュレーション・サイエ ンス・シンポジウム) (2002年12月9-10日 文部科学省 核 融合科学研究所)

    • HPF講習会(中級編) (2003年6月11日 文部科学省 核融 合科学研究所)

    • HPFワークショップ (2003年9月25日 海洋科学技術セン ター)

    •第75回 京都大学学術情報メディアセ ンター 研究セミナー (2004年3月12日 京都大学学術情報 メディアセンター)

    • HPF講習会 (2004年12月15日 文部科学省 核融 合科学研究所)

    • John Reid氏講演会 (2006年10月30日 京都大学学術情 報メディアセンター)

    • HPF講習会入門編 (2007年7月26-27日 大阪大学)

    • HPF講習会入門編 (2007年11月29日 京都大学)

    ソフトウェア

    •HPF sample codes

    •NAL TEST CODE

    •espac2: 2次元流体コード

    •impact3d: 3次元流体コード

    •NAS Parallel Benchmark

    •姫野ベンチマークHPF版V1, V2

    • HPFトランスレータfhpf(バイ ナリフリーで配布)

    2

  • 2015年

    HPFPCのリニューアルと 第1回イベント開催の背景

    Copyright (c) 2018 HPFPC and FUJITSU LIMITED3

  • 活動をFortranへシフト

     2015年、新体制の発足

    僕たちのやりたいこと/やれることは何なの かを改めて考えた。

     HPFからFortranへシフト

    「HPF というよりFortran そのものの将来が 危惧される事態」

    「HPF 推進協議会は,科学技術計算には, 今でもFortran の優位性は揺るぎなく, Fortran 文化を継承すべきだと考えていま す」

     組織名の変更

    略称HPFPCはそのままで、 High Performance with Fortran Promoting Consortium (高性能Fortran推進協議会)

     背水の陣

    1年やってだめなら解散と決めた。

    最後に大きなイベントを開催し、世に問う。 タイトルは自虐的に―—

    Copyright (c) 2018 HPFPC and FUJITSU LIMITED

    • 坂上 仁志 核融合科学研究所

    会長

    • 岡部 寿男 京都大学

    副会長・事務局長

    • 岩下 英俊 富士通株式会社

    • 林 康晴 日本電気株式会社

    • 石黒 静児 核融合科学研究所

    • 秦 万美子 理化学研究所

    幹事

    • 約20名

    会員

    • 福田 正大 計算科学振興財団

    監査

    4

  • 第1回イベント

    Copyright (c) 2018 HPFPC and FUJITSU LIMITED

    「並列Fortranの現状と展望」

    ~Fortranは絶滅危惧種なのか?~

    5

  • 第1回イベント

     2015/8/18 理研AICS

     内容 HPFPCからFortranの動向を紹介

    利用者側からFortran開発の実際

    ベンダ4社からFortranへの取組み

    XMPの紹介

    意見交換

     参加88名(出席者数)

     アンケート回答58名 http://site.hpfpc.org/home/events/p arallel_fortran_sympo/questionnair e

    計算科学・アプリ開発34、計算機 科学9、開発者7、運用4、他4人

    総じて好評。次回開催を望む声多 数、励ましの声

    講習会、ドキュメントを望む声

    記述から、仕様の誤解・思い込み が多いことが分かった。

    10:00 「京」見学(希望者のみ) 10:30 開会

    10:40 並列Fortranの歴史と現状 理化学研究所計算科学研究機構 岩下 英俊

    11:00 Fortran規格の歴史 江戸川大学 高田 正之

    12:00 エクサスケール時代のFortranの役割 理化学研究所計算科学研究機構 佐藤 三久

    12:30 昼 食

    13:30 航空宇宙技術研究所から宇宙航空研究開発機構にか けてのソフトウエア開発について 埼玉工業大学 中村 孝

    14:00 核融合プラズマ・シミュレーションでのFortranの活用 名古屋大学 渡邉 智彦

    14:30 大学のSX利用者から見たFortranプログラミング 大阪大学 長友 英夫

    15:00 休 憩

    15:10 富士通のFortranへの取り組み 富士通(株) 原口 正寿

    15:30 NECのFortranへの取り組み NEC 林 康晴

    15:50 プログラミング言語の進化とFortranの将来 日立製作所 西山 博泰

    16:10 インテルのFortranへの取り組み インテル株式会社 池井 満

    16:30 休 憩

    16:40 XMP/Fortranの開発状況 理化学研究所計算科学研究機構 村井 均

    17:00 フリーディスカッション 17:30 閉会 18:00 懇親会(at FOCUS)

    6 Copyright (c) 2018 HPFPC and FUJITSU LIMITED

  • 第1回イベントの結果を受けて

    活動継続と決めた

    収入はない。予算を毎年繰り越して、使い切るまで。

    活動内容

    イベントは年1回。これをコアの活動とする。

    毎回サブテーマを決めて、それに相応しい講演者を探す(またはその逆)。

    様々な立場の意見を集めて、参加者自身がFortranを考える場にしたい。

    他の活動も模索

    講習会、チュートリアル

    討論の場(Fortran塾)?

    Webサイトの整備

    7 Copyright (c) 2018 HPFPC and FUJITSU LIMITED

  • 2016年、2017年

    第2回、第3回イベントと その他の活動

    Copyright (c) 2018 HPFPC and FUJITSU LIMITED8

  • 第2回イベント(2016年)

     2016/6/1 東京工業大学キャンパス・イ ノベーションセンター国際会議室

     Fortran2008で採用されたCoarray機 能を中心に、Fortranの並列化について 議論

     参加56名

     アンケート回答42名 Coarrayに期待する声と、性能面で懐

    疑的な声が半々。しかしCoarrayの今 後の動向についての興味は、あり+や やありで41名(98%)。

    性能はMPIしか信頼できないという声、 MPIに比べたメリットが分からないという 声。一方で、コンパイラが性能を出すな らという前提付きで、Coarrayに期待す る声も。

    Fortranを理解する上での障壁は、文献 /Webサイトの少なさ64%、教えてくれる 人の少なさ39%。

    9 Copyright (c) 2018 HPFPC and FUJITSU LIMITED

    13:00 開会

    13:00 並列処理の歩み 神戸大学 小柳 義夫

    13:45 Fortran規格のcoarray機能 - Fortran 2008 と Fortran 2015

    NEC 林 康晴

    14:30 休 憩

    14:40 富士通のFortranへの取り組み ~Coarrayの実装と性能~ 富士通(株) 原口 正寿

    15:00 インテルのFortranへの取り組み インテル株式会社 池井 満

    15:20 フリーディスカッション

    16:30 閉会

    17:30 懇親会

    「並列Fortranの現状と展望」

    ~Coarrayは救世主なのか?~

  • 第3回イベント(2017年)

     2017/6/7 TKP品川港南口会議室

     Fortran2003から導入されたオブジェクト

    指向の機能について、紹介と意見。ユー ザから仕様肥大化への懸念。

     参加名60名

     アンケート回答50名

     OOが好きな人が集まった。選択式で、他の言 語でOOを「使っていて役に立っている」58%、 「使っていないが役に立つと思う」15%

     FortranにOOが必要か否かは意見が割れた。 5段階評価で不要1-6-17-18-8必要(平均3.52 )。今後使いたいと考える人も似た分布で、2-6- 19-15-8(平均3.42)。

     FortranのOOを、慣れれば使いこなせると思う 人+やや思う人は78%と多数で、抵抗感

View more >