Click here to load reader

(スレーブエージェント for VMware ESXi 5.x / 4 ... vMA のIP アドレスはvSphere Client で、vi-admin 又はroot でログインした状態で"ifconfig"とコマンドを

  • View
    3

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of (スレーブエージェント for VMware ESXi 5.x / 4 ... vMA のIP アドレスはvSphere...

  • No. K1L-Z-12412D (1/19)

    PowerAct Pro Ver 4.x インストールガイド スレーブエージェント for VMware ESXi 5.x / 4.x Rev D

    PowerAct Pro Ver4.x

    (スレーブエージェント for VMware ESXi 5.x / 4.x)

    インストールガイド

    オムロン株式会社

    電子機器事業本部

  • No. K1L-Z-12412D (2/19)

    PowerAct Pro Ver 4.x インストールガイド スレーブエージェント for VMware ESXi 5.x / 4.x Rev D

    【目次】

    1. PowerAct Pro (スレーブエージェント for VMware)の動作環境 3

    2. UPS とコンピュータを接続する 4

    3. インストール操作 7

    4. アンインストール 18

    5. コンピュータの BIOS 設定 19

  • No. K1L-Z-12412D (3/19)

    PowerAct Pro Ver 4.x インストールガイド スレーブエージェント for VMware ESXi 5.x / 4.x Rev D

    1. PowerAct Pro (スレーブエージェント for VMware) の動作環境

    1.1 VMware Ver 5.x

    対応コンピュータ DOS/V 機、および NEC 製 PC98-NX シリーズ機 (NEC 製 PC9801,9821 シリーズではご使用になれません。) (Apple 製 Macintosh およびその互換機ではご使用になれません。)

    対応 OS と

    対応プラットフォーム VMware ESXi Ver.5.5 x86,AMD64,EM64T

    VMware ESXi Ver.5.1 x86,AMD64,EM64T

    VMware ESXi Ver.5.0 x86,AMD64,EM64T

    RAM 512MB 以上(1GB 以上推奨)

    ハードディスク容量 100MB 以上

    ・Vmware Ver.5.x の場合は、PowerAct Pro Slave Agent for VMware Ver.4.3x をご使用ください。

    ・PowerAct Pro Slave Agent for VMware Ver.4.3x は vMA にインストールしてご使用ください。

    1.2 VMware Ver.4.x / 3.x

    対応コンピュータ DOS/V 機、および NEC 製 PC98-NX シリーズ機

    (NEC 製 PC9801,9821 シリーズではご使用になれません。) (Apple 製 Macintosh およびその互換機ではご使用になれません。)

    対応 OS と

    対応プラットフォーム VMware ESXi Ver.4.0 x86,AMD64,EM64T

    VMware vSphere 4.0 x86,AMD64,EM64T

    VMware ESXi Ver.3.5 x86,AMD64,EM64T

    VMware ESX Ver.3.5 x86,AMD64,EM64T

    RAM 512MB 以上(1GB 以上推奨)

    ハードディスク容量 100MB 以上

    ・Vmware Ver.4.x / 3.x の場合は、PowerAct Pro Slave Agent for VMware Ver.4.2 をご使用ください。

  • No. K1L-Z-12412D (4/19)

    PowerAct Pro Ver 4.x インストールガイド スレーブエージェント for VMware ESXi 5.x / 4.x Rev D

    2. UPSとコンピュータを接続する 「PowerAct Pro スレーブエージェント」は、①「PowerAct Pro マスターエージェント」がインストールされたコンピュー

    タがネットワーク上に存在する時、もしくは②SNMP/Web カード(SC20G)が装着されたUPSがネットワーク上に存

    在する時、ネットワーク経由でコンピュータを自動シャットダウンさせるためのソフトウェアです。

    各構成例を参考に、UPSとコンピュータを接続してください。

    ①「PowerAct Pro マスターエージェント」がインストールされたコンピュータがネットワーク上に存在する時

    UPS と専用ケーブル(RS-232C/USB)で直接接続されているコンピュータには「PowerAct Pro マスターエージェント」

    を、それ以外のコンピュータには「PowerAct Pro スレーブエージェント」をインストールします。

    ※本インストールガイドはスレーブエージェント用です。マスターエージェントのインストール方法については別紙の

    インストールガイドを参照ください。

    ※コンピュータと UPS の接続には RS232C と USB のどちらか一方のみを使用してください。また各コンピュータは

    同一セグメント上のネットワークに接続して下さい。もし、同一セグメントでネットワーク接続できない場合はコンピ

    ュータにネットワークインターフェースカードを追加するなどして LAN ポートを増設し、同一セグメントに属するよう

    設定して下さい。

    ②SNMP/Web カード(SC20G)が装着されたUPSがネットワーク上に存在する時

    シャットダウンさせたいコンピュータに「PowerAct Pro スレーブエージェント」をインストールします。

    ※もし、同一セグメントでネットワーク接続できない場合はコンピュータにネットワークインターフェースカードを追加

    するなどして LAN ポートを増設し、同一セグメントに属するよう設定して下さい。

    サーバ1

    SC20G

    UPS

    “スレーブエージェント”をインストール

    サーバ2

    サーバ3

    “スレーブエージェント”をインストール “スレーブエージェント”をインストール

    シャットダウン指令

    “マスターエージェント”をインストール

    “スレーブエージェント”をインストール “スレーブエージェント”をインストール

  • No. K1L-Z-12412D (5/19)

    PowerAct Pro Ver 4.x インストールガイド スレーブエージェント for VMware ESXi 5.x / 4.x Rev D

    [参考1]マスターエージェント と スレーブエージェントについて ●マスターエージェント

    UPS を、RS232C または USB にて直接制御するサーバ・パソコンにインストールします。

    UPS の監視/制御、LAN上につながるサーバ・パソコンの起動/停止を一元的に管理。

    UPSに実装して使用する「SC20G」も、UPSを直接制御するため、マスターエージェントとして機能します。

    ●スレーブエージェント

    マスターエージェントからの指令に基づき、サーバ・パソコンをシャットダウンします。UPS の制御は行いませ

    ん。

  • No. K1L-Z-12412D (6/19)

    PowerAct Pro Ver 4.x インストールガイド スレーブエージェント for VMware ESXi 5.x / 4.x Rev D

    [参考2]システム構成について

    1) Vmware Ver.5.x の場合 vMA にスレーブエージェントをインストールしてください。ゲスト OS にはインストールは不要です。ゲスト OS は

    ESXi の設定に従い、シャットダウンや再起動を自動的に行います。

    マスターエージェントには対応しておりません。マスターエージェントとして SC20G が必要です。

    2) Vmware Ver.4.x / 3.x の場合 仮想OSの場合は、ホスト側にPowerAct Proをインストールしてください。ゲストOS側にはインストールは不要で

    す。ゲスト OS はホスト経由で自動的に“保存”状態(休止状態)でシャットダウンされます。再起動時は、シャットダ

    ウンする前の状態で、各ゲスト OS が起動されます。

    マスターエージェントには対応しておりません。マスターエージェントとして SC20G が必要です。

  • No. K1L-Z-12412D (7/19)

    PowerAct Pro Ver 4.x インストールガイド スレーブエージェント for VMware ESXi 5.x / 4.x Rev D

    3. インストール操作 3.1 VMware Ver.5.x の場合

    最初にインストール時の注意点を確認してください。

    1. 本ソフトウェアをインストールするためには、CD-ROM ドライブが必要です。 2. 本ソフトウェアは、オムロン製 UPS およびオムロン製 OEM 供給品の UPS 以外では使用できません。 3. 本ソフトウェアは vMAにインストールします。本ソフトウェアのインストール前に、vMAのインストールを

    行ってください。

    4. ESXi および vMA は、vSphere Client を使用して操作します。vSphere Client から ESXi と vMA に接続 できる環境を構築してください。

    5. ESXi、vMA、vSphere Client は、それぞれ同じバージョンのものをご使用ください。 (ESXi が Ver.5.5 の場合は、vMA と vSphere Client も Ver.5.5 をご使用ください)

    6. ESXiの無償版では本ソフトウェアを使用できません。有償版でご使用いただくか、60日間の評価版で

    お試しください。

    《PowerAct Pro スレーブエージェントのインストール》

    ※PowerAct Pro マスターエージェントを併用される場合は、マスターエージェント用のコンピュータに先にインストー

    ルしてから、スレーブエージェント用のコンピュータにインストールしてください。

    ■ インストールファイルのコピー

    1. 同梱の CD-ROM の 「/software/PowerAct_Pro/VMware/Slave/Ver441/Program

    ディレクトリ内のファイルを、ネットワーク経由で vMA に転